ご挨拶Greeting

スタジオを開設するにあたってご協力くださった方々にこの場を借りてお礼申し上げます。
皆さまのおかげで無事オープンすることが出来ました事に、本当に感謝しております。ご協力に報いるように、明るく親しみやすいスタジオにしてまいります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

スタジオ代表 佐藤 優子

当スタジオのホームページをご覧いただきありがとうございます。代表の佐藤優子と申します。

まずはバレエ・ピラティスの専門スタジオを開設するに至った経緯をお話ししたいと思います。

小学生の時、妹がバレエを習いたいと体験レッスンに近くのスタジオに一緒についていったのが最初でした。
私はバレエダンサーには向いてないと言われつつも妹よりもバレエにのめり込み、向いてないながらもダンサーになりたくて、本気でレッスンに取り組んでいました。

レッスンを始めてから何年かした頃、初めは鈍い膝の痛みが出てきました。
なんだろう?練習のし過ぎかな?とだましだましレッスンを続けて、また、何年か経った頃に今度は腰が痛くなり、整体に行って週3日鍼治療を受け、ストレッチをし、身体によいといわれるものに取り組んでいましたが、ある日突然歩けないほど、膝と腰の痛みがひどくなりました。

整形外科で見てもらったところ、左膝半月板の損傷、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症との診断を受けました。
膝は手術をし、手術後膝・腰のリハビリをしましょうと言われ、当然レッスンはお休みするようにと言われました。
リハビリの後、膝の痛みを感じないで踊れるようになるまでに2年、痛みへの不安を感じなくなるまでに5年もかかりました。
ダンサーになるという夢はあきらめなければいけませんでした。

私は若いうちにこのようなケガをしてしまいましたが、プロのダンサーでもこういったケガが多く、中には引退後車いす生活になる方もいると聞き、どうしてケガをしてしまうのだろうか?と疑問がわきました。

そこから沢山の勉強会に出向き、私よりも若くてダンサーになりたい子供達や、趣味として楽しみたい大人の方々に私のようなケガをしてほしくない、という思いからピラティスやフランクリンメソッドなどの、解剖学、運動学、生理学、スポーツ医学、リハビリテーション医学等に則った身体運動法を学び始めました。

学んでいく中で、高齢の方の中にもそういった体の不調やケガによって様々な問題を抱えているのを目の当たりにし、どんな方にもご自身の身体への意識が芽生えて、大切に身体と心に向き合っていけたら、明るい未来があると考えています。

そんな思いからこのスタジオを設立しました。
一生交換できない大切な身体と心なのですから。

その一助を担えれば…と思っております。

資格

  • Polestar Pilates Comprehensive 認定
  • Polestar Pilates Reformer 認定
  • Franklin-Method level 2 educator
  • Pfilates認定(骨盤底筋エクササイズ)